Loading

製図はCADソフトで作成する時代へ

かつて製図は、製図版に向かって定規とカラス口、鉛筆で手書きしていました。用紙に書いた後、製品の仕様変更などで、図面を修正しなければならないケースでは、再度書き直しが必要でした。また紙で保管するため、図面を汚してしまうなどのリスクもありました。パソコンの普及で、会社のオフィスで、ひとり1台占有してPCを使用可能になり、CADソフトを使って製図するようになりました。現在では、手書きの図面はあまり見かけなくなっています。

使用しているPCへCADのインストールが可能

CADは、コンピュータを使用、支援された設計システムのことです。かつては、CAD専用の端末もありましたが、普段使用しているPCにソフトをインストールして図面を作成するスタイルが主流になり、CADがより身近になりました。さまざまなCADソフトがありますが、基本は同じです。画面を製図版に見立てて、マウスを操作して線を引いたり、KBから寸法データを入力します。部品集などを登録しておけば、コピーペーストで比較的容易に素面を作成できます。

データの再利用がCADの利点

他のソフトと同様に、以前の製図データをコピーして利用できます。プロジェクトによっては、図面のひな形ファイルが用意され、それをアップデートしてCADデータで納品するケースもあります。またソフトによっては、CADデータから三次元モデルやシミュレーションが可能です。これまで実際に製品を試作して、不具合がないかどうかチェックしていましたが、モデルをPC上で動作させて設計段階で不具合などをフィードバックして、工程の短縮しています。

水道CADは、水道申請業務を効率的に行うためのツールです。水道業務に特化しており、部品の選択などを行うことで、立面図や断面図を含む配管図や申請書類を自動生成する機能があります。

Top