Loading

小規模オフィスだからこそCAD!

建設業やインテリアプランニング事務所には、数人のスッタフで運営している小規模な会社もたくさんありますよね。プランナーが2~3人、あるいは1人しかいなければ、CADは必要ないと思っていませんか?

これまで長く手描きで図面を描いてきた方にとって、CADの導入はトラブルを見落としやすくなりそうで、抵抗を感じるのは当然です。けれど、CADにはメリットもたくさんあります。たとえば、簡単な文字の修正や電源コンセントの位置の修正など、ちょっとした図面の修正が必要な場合、手描きではあまり行いたくありませんよね。

法規上も問題がなければ、図面の修正を行わない場合も多いはずです。でも、それこそが現場でトラブルが起きる原因のひとつなんです。

お客様には設計士のイメージが見えていない!

ちょっとした修正に限らず、大掛かりな修正もCADがあれば短時間で簡単に行えます。たとえば間取りの修正は、たとえ柱の位置が変わらなくて手描きでは時間がかかります。まして外観の形状が変わる場合は、立面図も屋根伏図も、全部書き直しが必要です。間取りががきっちり確定するまでは立面図を描かない設計士もいますが、設計士が思っている以上にお客様は外観のイメージができていません。このため、後になって間取りを変えたいとたびたび相談して来ます。

CADがあれば、平面図から簡単に立面図を立ち上げることができるので、ラフの段階でもお客様に外観イメージを見せることができます。CADを導入すると図面を描くスピードだけでなく、クロージングのスピードもアップしますよ!

電気CADは電気設計をする際に今まで時間が掛かっていた配電盤や制御盤の配置をクリックするだけで作成してくれる等の電気設計作成に特化した設計支援ツールの事です。

Top