Loading

小陰唇の大きさや形の悩み

女性器の悩みで多いのが、小陰唇が大きいことですが、通常は日常生活に支障をきたすことはありません。但し、大きくなりすぎると、下着を身に着けた時や座った時に、圧迫感を感じるようになることがあります。また、何となく臭いが気になったり、パートナーから指摘されたりと、精神的なストレスになるケースも少なくないと言えます。デリケートな部分であるだけに、対処法も分からずに悩んでいる女性も多く、QOLの低下に繋がる恐れもあるわけです。小陰唇が大きくなりすぎた場合は、局所麻酔で肥大した部分を切除する解決法があります。手術時間としては40分ほどで終了し、傷跡も殆ど目立たないようにできます。

処女膜再生と膣縮小の方法

女性器の悩みで次に多いのが、処女膜再生に関することです。様々な原因によって処女膜が裂けることがありますが、医療用の糸で縫い合わせることで、簡単に再生することが出来ます。但し、この再生法は短時間しか効果が持続しないので、本格的に再生したい場合は、縫合手術を施す必要があります。縫合手術では、処女膜が十分に残っていない場合でも可能で、膣粘膜を剥離させて縫い合わせることになります。最近では、見た目をより自然にするためのレーザー治療も行われており、裂けた膜をレーザー照射で癒着させることが出来ます。膣の緩みに悩んでいる場合、膣・膣壁縮小手術が解決策となります。膣縮小手術は、膣の入り口から奥にかけての筋肉を縮小させ、確実に緩みを解消出来ます。粘膜だけを治療しても緩みが再発しますが、筋肉を修復することで、半永久的に効果が持続します。

女性器整形は現在では多くの方が受けている手術です。日帰りの予定で手術を受けられますので、いつでも整形が可能です。

Top