Loading

酸洗いについての基礎知識

酸洗いとは、金属を酸性の液体に浸すことで、溶かすという原理を使って品質の向上を図ります。具体的には、バリ取りです。角にできたバリを溶かすことで角を丸めることができます。機械部品に使う場合、バリが脱落して回転の動作などに悪影響を与えることを防ぎますので精密部品に用いられます。さらには、手にけがを負うリスクをなくして安全に取り扱う効果もあります。ほかにも、表面をきれいにする効果があります。機械加工などのツールマークを滑らかにして、粗さを改善し手触りもよくして、光沢をももたらします。防錆効果もありますので見栄えの品質向上につながります。数ミクロンの寸法調整にも役立ちますので、仕上げ工程としても活用することが可能です。

酸洗いの工程と設備の紹介

酸洗いの設備はシンプルです。酸性の液体を入れた容器とその後の洗浄する工程のみです。液は長く使いまわすことができますので経済的ですし、設備そのものもシンプルですので導入費用が安いです。注意点は、前工程のバリの管理が重要で、溶かせる大きさと処理時間と酸性の液体の種類を研究して標準化することがポイントになります。また、有害ですので、保護具の着用や廃液の処理方法を徹底しなければ人災や環境災害につながりますので管理も重要になります。酸性の液体を入れる容器が大きければ大きいほど大量の製品を一度に処理ができます。このように、量産性に向きますし、バリ取り工程を効率的することができる工法です。従って製品コストの削減にもつながります。

酸洗いとは金属製品を熱処理すると出来るスケール(酸化皮膜)や錆などの汚れを除去するために酸性溶液に漬ける洗浄方法の事です。

Top