Loading

実践の場数を踏むことが大切

近年はグローバル企業だけではなく、数多くの企業で英語を使う機会が多くなりました。特に上司や同僚が外国人だった場合は、ハイレベルな英語コミュニケーション能力が求められます。したがって、あらかじめビジネス英語を学び、いざという時にも柔軟に対応できるように準備することが大切です。まず初めに紹介するビジネス英語の賢い学び方は、実践を重視した方法です。受験英語の場合は実際に話すことが少ないので、文法などの知識重視の学び方が一般的です。しかし、ビジネス英語の場合は、実際に話せて、聞き取れないと意味がありません。つまり、実践の数をこなし、より自然に話せるようになることが重要なのです。

外国人の友人をつくると効果的

続いては、実際に英会話コミュニケーションを使って慣れるための方法を紹介します。ここで重要になるのは、できる限り自然に英会話を話す環境を増やすことです。英会話教室も効果的ですが、授業以外で話せる機会が増えれば、さらに効果的といえます。したがって、プライベートで外国人と繋がれる友人を探してみましょう。よくあるのはアイリッシュバーや、外国人がよく訪れるクラブなどで探す方法です。訪日外国人の数も増えているので、以前よりも探しやすくなりました。

メール文書は特に重要

ビジネス英語において、とても重要なのがビジネス文書の書き方です。これはメールの書き方や企画書の文書などにも応用できるので、しっかり勉強しておく必要があります。しかし、ついつい会話主体の勉強になってしまう方が多く、実際に会社でメールを送る時に困ってしまう可能性もあるのです。会話だけではなく、正しい英文書の書き方も把握しておくことをオススメします。

ビジネス英語を習得するにあたり、ネイティブスピーカーの指導を受けながら社会生活に役立つ英語力を身に付けることが重要です。

Top