Loading

住宅建築では建物を重視するか土地を重視するか

住宅建築をする際には何を基準に建築するか決めることになります。例えば、好きなハウスメーカーの家を建てたいのか、住みたい地域にまず土地を購入するのか、によって住宅建築の入り口を決めます。建物を重視するのであれば、モデルハウスを歩き回ったりします。土地を見つけるにはインターネット上にも掲載されている土地もありますが、インターネットに掲載されている良い条件の土地は直ぐに売れることが多いです。そのため希望する地域を歩き回り実際に土地を探します。そうすると掲載前の土地、これから掲載する予定の土地にめぐり合えることもあります。

住宅建築では予算内で考える必要がある

しかし建物にしろ土地にしろ、購入する際の一番の条件になるのが予算です。誰でも際限なく資金を持っているわけではないのです。多くの人はローンを組んで購入します。ローンを組むにしても頭金の金額、現在の収入によって借入ができる限度額が決まってきます。それにより購入できる上限が決まってきます。建物と土地を併せてその予算内に収まるように考えなければならないのです。建物を重視するのであれば土地の場所が郊外になり通勤が大変になることも考えられます。少しでも都心に近い位置を希望するのであれば土地が思いのほか狭くなる可能性もあり、それに伴い家の間取りも土地が狭い分3階建て等も考慮する必要がでてきます。土地を重視するのであれば、建物は小さくなる可能性もあります。高い土地であれば狭い土地に小さな家しか建てれないことになります。

住宅のフランチャイズを契約する事によって、家賃保証を受けられますので、安定した収入を得られるようになります。

Top