Loading

宝石の代名詞、ダイヤモンドの価値とは?

「宝石」といえば、まずダイヤモンドを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。宝石の代名詞といってもいいくらい、ダイヤモンドの価値は誰にもよく知られていますよね。ではどうしてダイヤモンドはこれほど高価な宝石として取り引きされ、価値を認められているのでしょう?ダイヤモンドの価値が高い理由を、少しご紹介してみたいと思います。

ダイヤモンドは、限定されたところでしか採れない!

ダイヤモンドは、主にキンバーライトというとても古い岩石の中からしか見つかりません。ダイヤモンドが生産されるのはこのキンバーライトが分布している地域で、生産地は南アフリカやブラジルなど世界でも限られています。また生産地であっても、見つかるダイヤモンドの多くは黄色みや褐色を帯びたものが多いため、透明で宝石としての価値が高いものは極わずかしか見つからないのです。ダイヤモンドは透明で不純物の少ないものほど価値が高いとされますが、多くは宝石としての価値の少ないものでしかありません。

透明なダイヤモンドより貴重なダイヤモンドとは

基本的にダイヤモンドは、無色透明なものほど価値が高いとされています。多くのダイヤモンドはやや褐色を帯びているので、色の濃いものは透明なものよりも一般に価値が下がりますが、色によっては逆に価値が上がることがあります。例えば青色を帯びたダイヤモンドは無色のものよりも希少性が高いため、高価な値段で取り引きされています。また赤色やピンク、紫、緑などの色のダイヤモンドは、ブルーダイヤと同じくらいかそれ以上に希少なのでとても高価な値段となっています。ダイヤモンドの価値が高い理由のひとつを説明してみましたが、いかがでしたか?貴重な宝石である、ダイヤモンドの輝きを楽しみたいですね。

自分が持っているダイヤモンドの買取をするなら、複数の買取専門店で査定額を提示してもらうことで、高く買ってもらえます。

Top